二次面接で聞かれやすいこととは?

就職試験の場合、一般的に一般常識問題、そして面接が一次、二次とあり、その回数はその企業によっても異なります。しかし、一次面接でしたらだいたいどこのところも入社を希望するわけですとか、自己PR、学生時代何を一生懸命やっていたかですとか、当たり障りのない、一般的なことを聞かれるケースが多いようです。二次面接においては、その後まだ面接が残っているのかということも関係してきますし、その企業によってどんな人材を求めているかということにもよりますし、こればかりは面接で聞かれることというのは本当にさまざまなのです。しかし、大事なことは、自己PR、自分の性格、経験、学業、得意不得意、志望動機、希望職種など、必ず聞かれるであろうことはきちんと言えるようにしておくということです。ここから応用的なことを聞かれる場合もありますし、まったく関係のないことであったり、情操的な部分、応用力が問われるようなことを聞かれる場合もあります。